2015年05月02日

かなきー牌 開催要項

かなきー牌とは:今は亡きシルブリ勢による麻雀大会です。
公式大会がなくてもみんなでわいわい集まれる場を設けようということで企画してみました。
麻雀そのものはノーレートで参加費は貸卓代のみになりますので、
腕の立つ方も初心者もお気軽にご参加ください!

・大会ルールについて
半荘10回戦によるトータルスコアを競います。
半荘1戦は25000点持ちの30000点返し、順位ウマは+20/+10/-10/-20とします。焼き鳥、チップはありません。
1〜9回戦までは1半荘40分、トビによる途中終了はありません(箱下計算あり)。対局途中に制限時間となった場合は、その局で終了となります。
10回戦は制限時間無し、トビによる途中終了も無しでオーラス(南4局)の親が終了するまで続行します。
マッチングは1回戦ランダムで、2回戦から8回戦は以下の通りです。
・16人開催の場合
前回1位…A卓
前回2位…B卓
前回3位…C卓
前回4位…D卓
・12人開催の場合
前回A卓1位2位、B卓1位、C卓1位…A卓
前回A卓3位、B卓2位3位、C卓2位…B卓
前回A卓4位、B卓4位、C卓3位4位…C卓

9回戦と10回戦はトータル順位で上の方から4人ずつA卓、B卓…とマッチングします。

・場決め、制限時間について
各卓で東南西北の4枚でのつかみどりを行い、東を引いた人が好きな席に座り、起家となる。
以下反時計回りに南西北の順に座る。山は予め出しておき、時間開始の合図でサイコロを振ってスタート。


・麻雀ルール
東南戦、喰いタンあり後付ありのアリアリルール。
一発、赤ドラ(各1枚)、槓ドラ、裏ドラあり。
親の和了り連荘。西入なし。
オーラス親は和了ってトップ時のみ和了り止め可能。2着時の和了り止め不可。
ツモ番のないリーチは不可。
槓ドラは常に先めくり。
リーチ後の暗槓は面子構成の変わらない場合のみ可。(送り槓NG)
誤ポン・誤チー・誤カンは1000点供託で続行。晒し間違えはアガリ放棄。
食い替えは現物・筋ともに不可。
数え役満は13翻から。
人和(自分のツモ番より先に人の捨て牌で和了る)は8翻役。他の役との複合あり。
流し満貫は和了り扱い。
国士無双のみ暗槓の槍槓和了り可能。
ダブル役満は役満の純粋な複合時のみ。
包(パオ)は大三元の3つめ、大四喜の4つ目を鳴かせた場合のみ適用。
四風子連打、九種九牌、四人立直、四開槓、三家和は途中流局。親流れなし。
二家和は頭ハネで上家取り。
誤ロン、誤ツモは倒牌前ならアガリ放棄。倒牌後はチョンボ。
チョンボは親・子問わず3000点オール支払いでその局をやりなおし。
オープンリーチあり(2飜役)。ただし、フリテンのオープンリーチは不可。
リーチ者以外が振り込んだ場合、その牌を戻して和了り放棄。
ただし手詰まり(裸単騎で当たり牌を2枚つかむ等)での放銃は役満払い。




他、細かいところは私に確認していただければお答えいたします。

なお、会場は他のお客さんも多数いらっしゃる雀荘ですので、
迷惑にならないよう節度を持って楽しんでいただけると幸いです。
posted by 神坂かなき at 23:59| Comment(0) | TrackBack(0) | かなきー牌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。